トロピカル
ベジ抹茶スムージー

南国のフルーツの風味を感じられる、真夏にぴったりのスムージー。
マンゴーは手に入りやすく手軽につかえる冷凍を使うと、冷んやり感と重みが出て、飲みごたえあるスムージーに。
パイナップルのビタミンCとマンゴーのカロテンで美肌に効果大。

材料

  • ・ベジ抹茶
    4袋
  • ・パイナップル絞り汁
    (ジュースでもOK)
    300ml
  • ・マンゴー(冷凍)
    (オレンジやバナナ、りんごなどでもOK)
    適量

作り方

  • ①  冷凍のマンゴーとパイナップル果汁の半量(150ml)をミキサーにかける。
  • ②  残ったパイナップル果汁を、コップに溶かしたベジ抹茶に入れ、ミキサーにかけた冷凍マンゴーを上からかける。
  • ③  ミントを添え、2層になったスムージーを混ぜながらいただく。

おすすめアレンジ!

ヨーグルトやミルクを加えても美味。
マンゴーは、オレンジ、りんご、バナナ、グレープフルーツなど
季節に手に入るフルーツで、アレンジしながら、毎日でも楽しめます。

レシピ監修

KAORU

  • 野菜・果物研究家 (野菜ソムリエ第一号)
  • 食ジャーナリスト
  • フリーアナウンサー
長野県出身。豊かな自然の中で育ち、暮らしとともに旬の野菜や果物の魅力を知る。ラジオの報道キャスターを経て、現在は全国で第一号の野菜ソムリエとして活躍。メディアで食の情報発信をするほか、イベントや講演活動などを通し“野菜を楽しむライフスタイル”を伝えている。
大手企業の商品開発やレシピ提案も多数。企業内研修、人材育成事業などにも携わる。近年は日本の食文化の継承、地方創生のサポートにも力を注いでいる。
著書に「野菜ソムリエKAORU の干し野菜手帖」「野菜たっぷりサンドイッチレシピ」(ともに誠文堂新光社)「旬の野菜カレンダー」(宝島社)等がある。
株式会社KAORU 代表取締役。株式会社銀座エスコフィエ代表取締役。長野県観光審議委員。